最強のロボコップ・スロットマシン

未来には何が待っているのだろう」と考えたことはありますか?空飛ぶ車でしょうか?食事は錠剤型になっているかも?もしかしたら、ロボットのような機械に変身した警察官がいるかもしれません。

たとえどんな未来が訪れても、プレイテック・ソフトウェア社のロボコップ・スロットマシンをプレイすれば、ちょっとリッチになれるかもしれませんよ。

1987年公開のサイバーパンク映画を元にしたこのスロットマシンは、5リール、25本のペイライン、低~中程度の変動率が特徴で、プレイヤーは2,500倍のジャックポットの賞金が獲得できるチャンスがあります。

ただし、ロボコップには、追加装備が必要となります。そこでロボコップ・スロットには、現金獲得のチャンスを増やせるボーナス機能もあります。なお、全機種のモバイル機器に対応しています。

 

そもそも映画『ロボコップ』シリーズは、そう遠くない未来のディストピアとなったデトロイトが舞台です(ただし、このSFスロットは、現代から見ると、未来の世界というよりヴィンテージ・レトロな印象です)。

犯罪が増加する中、市長はテクノロジー企業のOCP社と契約を結び、警察の代わりに正義の味方であるドロイド「ED-209」を導入しようとしていたところ、そのうちの1台が故障し、図らずも市民を殺してしまう事態に陥ってしまいます。

そこでロボコップの登場。半分が人間、半分がロボットのハイブリッドであるロボコップは、ロボットとして犯罪と戦う鋭い冷静さを備えていますが、市民に対して凶行に及ばないよう、十分な共感力と思いやりを備えているのでした。

 

そんな映画を元にして作られたロボコップのスロットゲームは、特徴として、警察官のアン・ルイスや、悪の組織OCP社の副社長ディック・ジョーンズを描いたリールアイコンなど、ファンにはおなじみのものがたくさん登場します。

ロボコップは、本作中で機械であり、神話であり、平和を守る伝説の存在でもあるのです。一方、この無料スロットマシンのビジュアルは、紛れもなく80年代の雰囲気そのもの。このデザインの良し悪しの判断は、人それぞれの好みもあるので、皆さんにお任せしましょう…。

 

プレイテック社のスロットマシンで大きく稼ぐのに、犯罪者逮捕用の訓練されたアンドロイドである必要はありません。変動率が低いため、プレイヤーは安定的に勝利を手にするチャンスがあります。

このゲームの配当表に表示される乗数は、1,000倍から2,500倍の範囲で、「ワイルド」アイコンが1本のペイラインに5つ表示された場合、最大値の賞金が獲得できます。これらの乗数は、1ラインあたりのベット額に加算されますが、合計25本の固定ペイラインがあるため、プレイヤーは0.25~25.00枚のコインをリールに賭けることになります。

正義の味方ロボコップを助けるためには、手段がいくつか必要です。プレイ中、ボーナスゲームを使えますが、中には他のものよりも有利なボーナスゲームがあります。

ボーナスゲームを始めるには、プレイヤーはまずリール全体に散らばっている3つ以上のデトロイト市警のアイコンを見つけなければなりません。デトロイト市警のアイコンを見つけると、新しい画面が表示され、以下の選択肢の中から1つを選択できますよ。